どうにかして通信費を抑えようと考えるケチ臭い日々


わたしは格安SIM 「日本通信」の合理的20GBプランを契約している。
値段はなんと…税込2178円だ…破格…しかも月70分通話無料…

しかし、これほどにも安いというのに、己は「もっと合理的なイイSIM」があるはずだと探求心が収まらない。

今日も格安SIMのネットサーフィンの旅へと出るとするか。

mineo、BIGLOBEモバイル、OCNモバイル…見新しいものがない。

なんだいつも通りか。と諦めたそのときだった。

安心格安スマホのイオンモバイル!」という記事を発見してしまう。

私は思わず食いついた。

おなかをすかせたクマが襲い掛かるようにイオンモバイルの公式ページをクリックしまくった。

なんだこれは!!

なんと、0.5GB、1GB、2GB、3GB、4GB…こやつやりよる…

1GBずつ通信容量があるだと、、、しかも学割なんかつけてやがるぞ。

学生めっちゃええやないかいこれ。なんてこった。

しかし、己はこれで負けない。もっと調べる。申し込まなくてもシュミレーションは欠かさない。

そしたら、やはり落とし穴はあった。

10分かけ放題が935円だと… 高い…もうむりぽよ~

あと、鬼のようにオプションがある。

イオンモバイルセキュリティPlus、イオンスマホ電話サポート、子どもパック、イオンスマホセキュリティ、アプリ超ホーダイ、カラダメディ力、おい何個あるんや。料金プラン選択画面になると情報量多くなるのやめてくれん?

そして己はそっとスマホ電源をぶち切った。